グローバルプロフェッショナルオイル原料サプライヤー


  • 047-487-0552
    + 86-15972929998(セールスホットライン)
  • メールでお問い合わせください
    sales@sunshine-oled.com

シャープのLCDパネル事業はスピンオフし、資金調達のために公開する予定

シャープのLCDパネル事業はスピンオフし、資金調達のために公開する予定
シャープのLCDパネル事業はスピンオフし、資金調達のために公開する予定
Jiwei News(text / small)最近、シャープ会長と大正武社長は日本のメディアとのインタビューで、2020年から2021年の間にLCDパネル事業をスピンオフし、上場することを検討していることを明らかにしました。 外部から資金を調達し、次世代のパネル技術に投資する予定です。

日経によると、Dai Zhengwuは16日、台湾の新北市でのビデオインタビューで、LCDパネル事業を運営する社内企業であるDisplay Device Company(DDC)のスピンオフを計画しており、上場も検討していると述べました。 。

DDCは、日本の亀山工場と三重工場を通じて、スマートフォン、PC、自動車用の中小型LCDパネルの生産・研究開発に従事しているほか、(トルカイ)を通じてOLEDパネルを生産していると報告されています工場。 2018年の売上高は700〜800億円で、シャープの最大の事業グループです。

大正武は、シャープはパネル関連の特許を多く所有しており、外部から資金を調達する技術的能力があると述べた。 さらに、DDCが上場されている場合でも、シャープは50%以上の持株比率を維持し、営業権を引き続き管理します。

DDCのスピンオフのタイミングについて、Dai Zhengwuは「遅くとも2021年末までに議長としての職を辞めることで実現することを望んでいる」と指摘した。

シャープは現在、Japan Display Inc(JDI)と交渉中であり、JDI Baishan工場を買収する予定であることに言及する価値があります。 これに関して、Dai Zhengwuは、買収のケースが実現した場合、白山工場もスピンオフの対象に含まれると指摘したが、大型LCD TVパネルを生産するSkai Display Product(SDP)は稼働していないスピンオフリスト。